「脂肪溶解注射」と「ボトックス注射」

「脂肪溶解注射」と「ボトックス注射」

小顔注射として使うときは、えらの張りなどがある場合、ほっぺたの部分に注射してえらの筋肉を痩せさせることでほほを細くして小顔にします。お隣韓国でも小顔注射には注目されていて「BNLS」というものが流実践していますのです。えらが張っていて脂肪が一杯場合は両方を注射すると小顔効果が高くなるようです。実際には、それぞれが小顔にする注射ですが、小顔にするための働きかけが違うので両方を使って小顔にすることが可能です。両方を注射しても今のところ副作用らしきものはぜんぜんないようです。部分痩せをするために直接注射器で薬剤を投入することで脂肪細胞に直接働きかけるて脂肪溶解を促す脂肪溶解注射といいますのがあげられます。小顔注射にはいくつか方法があり日本では「脂肪溶解注射」と「ボトックス注射」が代表的な小顔にやるめの注射です。脂肪溶解注射とボトックス注射の両方を施術するだけで小顔になるのでしょうか。顔に脂肪溶解注射をするだけで脂肪を溶解して顔を小さくする作用があります。両方を一方では注射して副作用などはないのだろうか。日本でよく知られているボトックス注射ですけど、しわ取りのために使われ小顔にしましましたりするように使われるのがボトックス注射です。

トップへ戻る